Sagi reform

リフォーム業者や塗装業者の飛び込み営業や電話勧誘、チラシのポスティングなど、外壁リフォームを提案してくる業者はうんざりするくらい多いですよね。

でも、本当に外壁塗装が必要かどうかって、何を基準に決めるか疑問に思ったことはないでしょうか?

もちろん、家は酸性雨や紫外線、砂埃など日々頑張っているので適した時期に外壁塗装をしてあげることは大事ですが、

「今が外壁塗装するタイミングですよ~」

と甘い顔をして寄ってくる外壁塗装業者の言われるがままになっていませんか?

外壁塗装の費用は決して安くはないので、適したタイミングで外壁塗装しないともったいないです。

そこで、今回は外壁塗装が必要かどうかの目安になる、セルフチェックの項目を紹介しようと思います。

「そもそも外壁塗装って何をするの?」

という場合は、下記の記事で外壁塗装とは何かを解説しているので見てみてください。

 

外壁塗装は築何年目で行うべき?

一般的に壁を塗り替える外壁塗装の時期は家を建てて10年程度経ってからが目安と言われています。

大体10年ごとを目安に外壁塗装を行うことで、家が長持ちして耐用年数も伸びてきます。

しかし、築年数はあくまで目安。

家ごとの立地条件や置かれている環境で変わってきます。

そのため、実際のお家の外壁の状態をチェックして判断しなくてはいけません。

そこで、具体的に外壁のどういったポイントをチェックすれば外壁塗装の時期の目安がわかるのかを紹介していきます。

 

外壁塗装の必要性を簡単に見極めるチェック項目

外壁塗装の必要性を簡単に見極めるチェック項目は大きく下記の4つに分かれます。

・外壁への汚れ付着や色褪せ
・壁のひび割れや塗装の剥がれ・ふくれ
・外壁にカビや藻ができている
・鉄部分のサビ・腐食の発生

家の外壁に上記のような症状が見えてきたら外壁塗装ををする時期がきたサインだと判断できます。

もう少し細かく分かれていきますが大まかに4つあることは覚えていてくださいね。

では、各項目をもう少し詳しく説明していきます。

外壁への汚れ付着や色褪せ

Iroase

外壁の色褪せや汚れの付着があると、壁の塗装表面に艶がなくなってしまいます。

艶がなくなると汚れが付きやすくなりますし、紫外線からも守れなくなるので色褪せなどが起きてきます。

そうなってくると汚れが目立つようになり壁全体が汚く見えてしまいます。

壁のひび割れ

Hibiware2

モルタルという素材を使ったモルタル外壁に見られやすいのが壁のひび割れです。

(サイディング外壁の場合はヒビが入りにくいです)

よく、外壁にひび割れがあると雨漏りする可能性があるといって外壁塗装を迫ってくる塗装業者がいるのですが、実は必ずしもひび割れが雨漏りにつながるとは限りません。

そもそもモルタル外壁にヒビはつきもの。

ひび割れ幅が大きいと危ないですが、1mm以上のひび割れでなければ、雨漏りが起きる可能性は低いと言われています。

ただ、壁がひび割れていると見栄えも悪くなりますし、ひび割れはひび割れです。

外壁に目立つひび割れがあるようなら外壁塗装をする時期が近づいてきているといえます。

塗装の剥がれ・ふくれ

Hagare

外壁塗装の剥がれも時間経過で起きてきます。

厚膜の塗料や通気性の悪い塗料を使っていたりと、塗装に使う塗料が原因で起きることが多いです。

Hukure

塗装のふくれも同様に外壁塗装は必要になってきているサイン。

外壁のふくれは塗装する際に水分が残った壁に塗装してしまったり、湿気が多い時期に施工すると起きやすいです。

また、外壁に適した塗料を使っていないと起きやすかったりします。

外壁のふくれは結構目立ちますし、早めの外壁塗装が必要になってくるサインです。

外壁にカビや藻ができている

Kabi

あまり日当たりがよくない外壁部分に見られやすいのが外壁のカビです。

日当たりが良くないと外壁に苔が付着したりしますが、それを放っておいてしまうとカビに変わります。

Mo

藻の付着も日当たりの良くない外壁や日陰部分、日の当たりにくい家の北側に見られやすいです。

他にも家の垣根・植え込みなどいたるところに起きやすい症状なので注意が必要です。

こういったカビや藻が見られる場合は、バイオ洗浄という洗浄方法で塗装する壁を殺菌して塗装しないと同じ症状が出て来る危険性が残ります。

鉄部分のサビ・腐食の発生

Sabi2

外壁に鉄部分があると、そこがサビてきます。

このサビは早めに対処しなくては広がる一方です。

また、外壁塗装工事をする際にもしっかりサビ落としをしなくてはいけません。

さらに、サビを落とした後に「溶剤2液型エボキシ樹脂錆止め」などのサビ止めを処理をしないとまた同じ症状に悩まされてしまいます。

Husyoku

鉄部分のサビは放っておくと腐食に変わります。

腐食はサビよりも深刻な問題です。

金属部分が腐食してしまうと、外壁塗装だけでは対応できなくなる危険性があります。

家屋全体に被害が広がるおそれがあるので、金属がサビを通り越して腐食している場合は、外壁塗装やリフォームなどの緊急性が高いです

 

セルフチェック項目まとめ

ここまで説明してきましたが、外壁塗装のセルフチェック項目としては6個あります。

・外壁の色褪せや汚れ
・外壁のひび割れ
・塗装表面の剥がれ
・塗装の膨れ(ふくれ)
・外壁へのカビや藻の付着
・外壁鉄部分のサビ(サビが進行して起きた腐食)

これらの症状がお家の外壁に見られるようになったら、外壁塗装を検討する時期がきたというサインです。

外壁を眺めているとわかりやすい場合も多いので、普段からお家をチェックするクセをつけておくといいと思います。

もしチェック項目に該当する症状が見られた場合も、焦って塗装業者にお願いするのは危険です。

外壁塗装業者にはボッタクリをしてくる悪徳業者も多いので、必ず複数業者から見積もり(相見積もり)をしてもらうようにしましょう。

小規模の外壁塗装でも30万円~50万円、規模が大きいと100万円以上外壁塗装費用が変わることもザラなので、損をしないように気をつけてくださいね。

当サイトのオススメは、「ヌリカエ」という外壁塗装一括見積もりサイトです。

利用者は180万人を超え、提携業者は400社以上。

担当コンシェルジュが複数の業者とまとめてやり取りをしてくれるだけでなく、見積内容までスタッフがチェックしてくれます。

そのため、見落としのリスクも減りますし無料で見積もりが可能です。

→ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】